ワークショップ

こちらのワークショップの申し込みは、
画面下の「申し込みフォーム」からお願い致します。
*WEB予約にはクラシティ会員の登録が必要です。
 申し込み前に登録・ログインをお願い致します。
※一部、お電話のみ受付の講座もございます。

開催予定

10月11日(月) 【スパイスを学ぶ__メキシコ料理】

  • 日時
    10月11日(月)10時15分~12時30分
  • 料 金
    3,000円(税込) 講義資料・ランチ付き

メキシコ料理と言えば「タコス」ですが、今回はチリコンカンを作ります。

スパイスの使い方もお伝えします。

 

代表的なテクス・メクス料理でアメリカ合衆国の国民食のひとつ、起源はメキシコ北部〜南部

アメリカに由来するメキシコ料理です。

フレッシュな野菜と一緒にトルティーヤに巻いてタコスにしてお召し上がりいただきます。

 

Caldo de Pollo(カルド・デ・ポヨ)という鶏肉のスープも作ります。

メキシコではポピュラーなスープです。

持ち物:マスク・エプロン・タオル

 

 

 

 

名倉裕一朗 クラシティMDアドバイザー コンフォートフード研究所所長 一般財団法人日本ヘルスケア協会 野菜で健康推進部会 部会員

NPO法人日本スローフード協会(当時)の設立に携わり、2005年の愛知万博では笹島のサテライト会場の名古屋市パビリオンにてフードワークショップ「食の塾」を企画・運営する。 その後、飲食店や高品質食品スーパーや商業施設ののディレクション・販促企画・商品開発に携わる。学びのマーケティング研究所/コンフォートフード研究所を設立して、食材・調味料・スパイスなどを組み合わせたコンフォートフード(美味しくてカラダに優しく誠実な食)のワークショップを提案しています。